集中力

今さら聞けない!?集中力のそもそも論

物事を極める人の一番のすごさは、
そのことに没頭できる力強さ、
いわゆる「集中力」の高さにあります。

そして、

集中力を高めていくことは、
実は、人間力を高めていく
ことにつながります。

今回は、
集中力を高めるトレーニングをしていく上で、
そもそも論から「集中力」について、
すこし書きたいと思います。

攻略したいものがある時は、
まずは、相手を知ることからです。

これから集中力を高めたいなと思っている人に、
すこしでもヒントになればと思います。

集中力とは、一時において、一点に力を集める技術

突然ですが、
「集中力の定義を考えたことはありますか?」

「全身全霊で、目の前のやるべきことに頑張る力であり、メンタル力です」
そして
「いかに心が強いか」
が、集中力である。

そんな言葉でしょうか?

まず、過去の体験を
思い出して欲しいと思います。

 

友達と夢中になって遊んだときのこと、

夢中になってぼーっと女の子に見とれていた。

そして・・・
夢中になりすぎて、

危ない目にあったとか、
つい時間を忘れてしまった。

そんな経験なかったでしょうか?

何が言いたいかというと、
みなさんにこういった体験があるということは、

 

何よりも
みなさんも集中力を持っているということです。

心の強さなど関係なく。

では、なぜ、
その集中力を自分で
いつでも引き出すことが出来ないのでしょうか?

それは、もちろん理由があります。

それは、そもそもの
「集中力の定義」を知らないし、
考えたこともないからだと思っています。

スポーツのテレビ中継で、解説者が、
「今のは集中力の結果ですね。」とか、
親や先生から
「集中してご飯を食べなさい。」など、
『集中』という言葉自体は、
みなさんも、これまで
何度も聞き慣れているとは思います。

しかし、そう話す解説者も親も先生も、
実際「集中力とは何か?」と聞かれて、
即答できる人は、ほぼいません。

日本集中力育成協会代表理事の
森進次郎氏の言葉を借りると、

集中力とは、
「一時において、一点にあなたの力を集める技術」


-森進次郎(日本集中力育成協会代表理事)-

と言うそうです。

小学校の理科の実験でやった、
虫眼鏡を使って新聞紙を燃やしたあれです。

バラバラになった光を、
一つに集めるとすごいパワーになるというあれですね。

 

置き換えてみます。
(光→意識)

つまり、
バラバラに向いている意識を、
一つに集め、
すごいパワーを出すということです。

スポーツの世界に、
「筋動員力」という言葉があります。
実は、「集中力」と、
とてもニュアンスが似ているんです。

細身なのに、
力が強い人と、

筋肉がムキムキなのに、
見た目ほど力が強くない人がいます。

これは、
どれだけ筋線維を動員できるか
という
「筋動員力」の違いによると言われています。
つまり、
細身なのに力が強い人は、
筋動員力が優れていて、
筋肉の質がよいというわけです。

オリンピック金メダリストの
室伏選手を例に考えてみようと思います。

海外の選手と比較しても
明らかに身長や体重が劣る室伏選手が、
長年、世界トップレベルで戦えるのは、
なによりこの「筋動員力」に
優れているからといわれています。

普段人が使用する筋肉は、
全能力の30~40%程度しか、
力を発揮できないそうです。

さらにいうと30~40%しか
筋線維が使われていないということです。

また、火事場の馬鹿力
という言葉がありますが、
これは、非常に切迫した状況で、
制御が外れて、
100%に近い筋繊維が使用されて、
100%に近い力が発揮されるという訳です。

それを、
魔法の力のように言いますが、
もってる力を最大限近くまで引き出す。
そういう理由があるのです。

話を戻します。

つまり、筋動員力というのは、
自分のもつ筋線維を、
どれくらい効果的に
動員するのかという力です。

ここで、言葉を置き換えてみます。
(筋動員力→集中力)
(筋繊維→パフォーマンス)
(動員→引き出す)

集中力というのは、
自分のもつパフォーマンスを、
どれくらい効果的に、
引き出すのかという力といえます。

室伏選手は、
自分の集中状態
最大限に整えること
長けていますので、

筋動員力が、
最大限レベルまで
引き出されます。

ハンマーを
最大限に遠くへ飛ばすという
目的に対して、
身体軸を中心に遠心力を使い、
彼が持っている筋繊維の細部に至るまで、
最大限に筋動員のアクセスが行われます。

この集中状態を意図的に作り、
筋繊維に最大限にアクセスすることができる技術が、
世界トップレベルにあるということです。

 

いかがでしょうか?
集中力のそもそも論、
ニュアンス掴めたでしょうか?

ぜひ、みなさんも、
「一点に力を集める技術」を習得し、
様々な場面で、
あなたのもつ素晴らしい能力を、
最大限に発揮して頂きたいと思います。

まとめ

  • 集中力は、だれもが持っている
  • 集中力は、
    「一時において、一点にあなたの力を集める技術
  • 集中力は、技術なので、故意に高めることができる

 

 

今日も大きな声でありがとう

ピックアップ記事

  1. 抽象度をあげる効果的な3つのトレーニング
  2. 読書習慣が、アスリートの能力を大きく開花させる? 超一流が、取り組む5つの理由。…
  3. 今田唯仁の人生における究極的関心と目標
  4. 江戸に学ぶ。人間力を最大化する知的能力に必要な3つの力
  5. 俺はプロメテウスになる!自分のあり方。

関連記事

  1. 集中力

    簡単に集中状態を作るコツ。ひとめ惚れ思考。

    突然ですが、「一目惚れ」の経験ありますか?私は、若かりし時…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 楽しく生きる「情熱」探し!6つ質問。
  2. 抽象度をあげる効果的な3つのトレーニング
  3. 人間力の向上なくして、 心体技(競技力)の向上なし
  4. 「ついていきたい!」と思われる優れたリーダーの「優れた人間力…
  5. 今田唯仁の人生における究極的関心と目標
  1. 人間力

    人間力の向上なくして、 心体技(競技力)の向上なし
  2. 活動ログ

    コーチ・サッカー・スクール 〜 春合宿2016ログ 〜
  3. 自己制御力

    自己制御力を大きく変える「もっとも確実な条件」
  4. 集中力

    簡単に集中状態を作るコツ。ひとめ惚れ思考。
  5. 思考のコツ

    トップ1%の「不条理の条理」思考
PAGE TOP