思考のコツ

千光寺と稲盛和夫に学ぶ、トップ1%「勝利の方程式」

おはようございます。
今田唯仁(いまだただひと)です。

ふと机においてある、書き物を手に取る。
ふとおもむろに、本の中腹をあけ、目を通す。

ひとりでつぶやきながら、
「ふむふむ・・・だよね〜。
色々と共通しているんだよな。
・・・トップ1%の勝利の方程式・・・。」

私が、何を感じ、再確認したのか?
今日の気づきを書いていこうと思います。


千光寺に学ぶ、トップ1%の岐れ路

まず、下記を読んで、思い当たる自分を
⬜︎⬛︎でそれぞれいくつあるか、
正の字でいいので数えてみてください。

⬜︎ 早起きする人、熟睡できる人
⬜︎ 感謝して真剣に努力する人
⬜︎ 仕事を趣味に能率を図る人
⬜︎ 義務も責任も進んで果たす人
⬜︎ 時間を守る人、礼儀正しい人
⬜︎ 頼もしい人、融和を図る人
⬜︎ 人も自分をも尊敬できる人
⬜︎ 常に反省し、素直に改める人
⬜︎ 何事も善意に解釈する人
⬜︎ 注意深い人、決断の早い人
⬜︎ 心身の健康を心がける人
⬜︎ 質素で金を活かして使う人
⬜︎ 孝心深い人、恩に報いる人
⬜︎ 親切で人のためによく尽くす人
⬜︎ 両親と優しい愛情に満ちた人
⬜︎ 恥を知る人、偽りのない人
⬜︎ 信念にてっした人、辛抱強い人
⬜︎ どんな苦難も悠々と耐える人
⬜︎ 生きがいを求め精進する人
⬜︎ 夢と希望に笑顔で生きる人

⬛︎ 心の暗い人、不愉快に暮らす人
⬛︎ 絶えず不満や愚痴の多い人
⬛︎ やる気がなくよくサボる人
⬛︎ 無責任な人、法規を守らぬ人
⬛︎ 時間も「物」も無駄にする人
⬛︎ 陰口が多く、人の和を乱す人
⬛︎ 卑下する人、自信なく焦る人
⬛︎ 信仰心がなく自我の強い人
⬛︎ 神仏に無理なお願いをする人
⬛︎ 心が狭くすぐ腹を立てる人
⬛︎ 暴飲暴食自分を粗末にする人
⬛︎ 金を浪費し、賭け事をする人
⬛︎ 悪友も道楽、閑も多すぎる人
⬛︎ 公徳心なく迷惑をかける人
⬛︎ 利己的気儘、自分本位の人
⬛︎ 迷いも取り越し苦労も多い人
⬛︎ 欲の深い人、自惚れの強い人
⬛︎ 依頼心の強い人、苦労に負ける人
⬛︎ 義理より権利を主張する人
⬛︎ 貴重な一生を無為に過ごす人

(尾道千光寺書物より項目抜粋)

いかがでしょうか?
⬜︎の数、⬛︎の数。
⬜︎の数から、⬛︎の数を引いた点数を5倍してみてください。
100点満点中の点数が出ます。

あくまでも自己採点なので、
どうしたら、
点数をつけることができるのかを
考え、精進に努めること。

私は、20点でした。(悲)
トホホ・・・

⬜︎は、プラスに引っ張り上げる人格点数
⬛︎は、マイナスに引っ張りあげる人格点数

エネルギーの向きは、当然プラスにあるべきですが、
プラスの量を増やすと同時に、
マイナスの量を減らし、最大限の力となります。

日々、小さな行動から意識することから、
少しずつエネルギーが、プラスに向き出します。

プラスの先に、
真の「勝利」が待っているのでは、
ないでしょうか?

 

稲盛和夫に学ぶ、トップ1%の岐れ路

稲盛和夫さんの名著「生き方」の中にも書いてある、
有名な考え方です。

【人生の方程式】

人生・仕事の結果 = 考え方 × 熱意 × 能力

稲盛和夫さんによれば、
人生や仕事の結果は、考え方×熱意×能力という3つの乗数で表すことができます。

ここでいう「能力」とは、
知能や運動神経、あるいは健康などがこれにあたり、
両親あるいは天から与えられたものです。

その「能力」に「熱意」という要素が掛かってきます。

ここでいう「熱意」とは、
懸命に努力を重ねれる、燃えるような情熱です。

逆に情熱のない人とは、
やる気や覇気のまったくない、
無気力で自堕落な人間を指します。

そして、「考え方」が掛かってきます。

掛け算ですから、プラスの考え方を持っていれば、
「能力」があればあるほど、「熱意」が強ければ強いほど、
大きなプラスになるということです。

逆に、マイナスの考え方を持っていれば、
「能力」があればあるほど、「熱意」が強ければ強いほど、
大きなマイナスになるということですね。

「考え方」とは?

生きる姿勢

つまり、
哲学や思想、倫理観をさし、
これらを包含した

「人格」のことを指します。

だから、
トップ1%のトップアスリートが
好んで読む読書は、
哲学的な本が多いワケなんですね。

自分が積み上げた努力を
正しい方向で、発揮するために。

正しい方向の先に、
勝利の神がまっているのことを
知っているというワケですね。

西郷隆盛はこんな言葉を残しました。

徳高き者には、高き位を、功績多き者には、報奨を

(西郷隆盛)

成果を出した人は、当然、報われるべきと思います。

人として功績を出した人は、人としての賞。リーダーとして評価される。
ビジネス(お金)としてを残した人は、ビジネス(お金)として評価される。

道徳の崩壊、モラルの喪失が叫ばれる昨今、
真のリーダーは、
選ばれる人財は、
才覚よりも人格が問われるということですね。

人格とは、人間力です。

トップ1%の人間力を身につけることが、
選ばれる人財へとなるということですね。

長嶋茂男さんは、
記憶に残るプレーヤーとして、伝説的な人です。
記憶に残るというのは、
人間味があって、有機的に感じます。
永続性を感じます。

逆に、記録に残るというのは、
無機質であって、
いずれ消えゆく運命さえ、感じます。

そして、リーダーとは、
誰しもなる場面があります。
いえ、すべての人が、
ならないといけないとも思っています。

未来をよりよく、そして永続的にするために。
未来を主として生きる子どものために、
真のリーダーにならなければなりません。

アスリートであれば、
勝ち続けるために。
組織に勝利を呼び込むために。
観るものに勇気を与えるために。

まとめ

成果 = 考え方 × 熱意 × 能力

  • 3つの乗数なので、成果は、正負に分かれる。
  • 正しい考え方とは・・・
    哲学や思想、倫理観をさし、これらを包含した
    「人格」指す

ぜひ、よりよい競技ライフを送るために、
正しい考え方に目を向けてみてはどうでしょうか?

すべて、トレー二ングをすれば、
高めることはできます。

これからも、トップ1%になるための
正しい考え方、情熱、能力を積み上げる
トレーニング方法など、
ご紹介していきたいと思います。

本日も大きな声でありがとう。

 

ピックアップ記事

  1. 俺はプロメテウスになる!自分のあり方。
  2. 満足するか、練習するか?永遠か、完璧か?トップ1%の選択。
  3. 楽しく生きる「情熱」探し!6つ質問。
  4. 江戸に学ぶ。人間力を最大化する知的能力に必要な3つの力
  5. トッププレーヤーが習慣化している、意図的な4つのトレーニングサイクル

関連記事

  1. 思考のコツ

    集中力を最大化にする環境ステップ

    集中力は、だれもが持っている。そして、集中力とは、「一時に…

  2. 思考のコツ

    人間力が高いと言われるトップアスリートの「できごと」の受け止め方

    おはようございます。今田唯仁(いまだただひと)です。昨日、…

  3. 思考のコツ

    「感情をコントール」する時に、
やってはいけない2つの致命的な思考

    人間力を高める上で、「EQ」は、絶対に欠かせません。自分の力を…

  4. 思考のコツ

    トップ1%の「不条理の条理」思考

    おはようございます。今田唯仁(いまだただひと)です。世の中…

  5. 思考のコツ

    350社以上の有能なリーダーが実践している39のセルフ・クエッション

    脳科学では、人間の脳は、「創造を好む性質がある」ことは、様々な…

  6. 思考のコツ

    バフェット式「超決断」の究極の目標達成法

    おはようございます。今田唯仁(いまだただひと)です。「デキる人…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 楽しく生きる「情熱」探し!6つ質問。
  2. 抽象度をあげる効果的な3つのトレーニング
  3. 人間力の向上なくして、 心体技(競技力)の向上なし
  4. 「ついていきたい!」と思われる優れたリーダーの「優れた人間力…
  5. 今田唯仁の人生における究極的関心と目標
  1. 社会・対人関係構築力

    教えて、褒めて、叱る。教育の黄金比率とは?
  2. 思考のコツ

    集中力を最大化にする環境ステップ
  3. 思考のコツ

    バフェット式「超決断」の究極の目標達成法
  4. 瞑想

    瞑想が「脳を休ませる」メカニズムとは?
  5. 自己制御力

    ニーチェに学ぶ。誰でも「天才」になれる。
PAGE TOP