信念

人間力は、誰のために使うのか?

おはようございます。
今田 唯仁(いまだ ただひと)です。

前回までは、
人間力について、考察しました。

人間力の配分
人間力の2つの信頼と3要素

勝利の鉄則は、『敵を知り、己を知ることから』

人間力を得るためには、
人間力を知ること。
敵を知ること。

そして、己を知ることです。
ぜひ、自分がどれくらい出来ているのかを明確にして、
取り組んでいってみましょう。

私も、まだまだです。
小さな習慣をコツコツと積み重ねるようにしています。

人間力という力には、「続ける」という力もあります。
これをやればではなく、
「続ける」という行為そのものが重要だと思っています。

 

人間力は、誰のために使うのか?

人間力を高める上で、
その目的はとても重要です。

答えは、「人のため」に他なりません。

いつまでも「自分のため」思考では、
本来なすべき優先順位が入れ替わり、
成果を得ることは出来ません。

私の信頼おける以前の上司にこんなことを教わりました。

仕事とは、事にお仕えすることだよ。
– 有光課長(不動産会社) –

顧客のために、お仕えしないと、成果はでませんよね。

競技者であれば、
その競技のために、お仕えしないと、成果はでません。

競技を知り、競技を取り巻く環境や応援してくれる人のために、
お仕えすること。

思考の視点が変わると、
そこから見える世界や課題も変わります。

 

生かされていることを知りなさい。
– 今田 高功 (父親)-

当時の反抗期(20代前半)では、全く理解できませんでした。
しかし、今になり、よく分かります。

私の人生ビジョンは、
社会のために、
人のために、
コーチという仕事を全うしたいと思っています。

そして、
そのためのミッションとして、
人間力の高いコーチ力を、
皆様の心に普及し、
実践できるようにトレーニングすること。

それが、
100年後の未来社会が生き生きすることに
つながるからです。

 

まとめ

  • 人間力を高めるとは、人のために使うため。
  • 仕事とは、事にお仕えして、成果がでる。
  • 競技力は、人間力の向上なくして、為せない。

オリンピックは教育の場であり、人間力を高める場でもある。
人間力の向上なくして競技力の向上はあり得ない

– 橋本団長 –

 

今田 唯仁(いまだただひと)

ピックアップ記事

  1. 俺はプロメテウスになる!自分のあり方。
  2. トッププレーヤーが習慣化している、意図的な4つのトレーニングサイクル
  3. 人間力の向上なくして、 心体技(競技力)の向上なし
  4. 抽象度をあげる効果的な3つのトレーニング
  5. 「ついていきたい!」と思われる優れたリーダーの「優れた人間力」

関連記事

  1. 信念

    今田唯仁の11の人生哲学(後半)

    人生哲学とは、「生きていくための拠り所とする考え方、方針」と言われ…

  2. 信念

    人間力の高いコーチ力をもつことのメリット

    おはようございます。今田 唯仁(いまだ ただひと)です。ど…

  3. 信念

    俺はプロメテウスになる!自分のあり方。

    おはようございます。今田 唯仁(いまだ ただひと)です。こ…

  4. 信念

    スペインリーグ監督が求める「いい選手」とは?

    おはようございます。今田 唯仁(いまだ ただひと)です。…

  5. 信念

    今田唯仁の人生における究極的関心と目標

    「情熱」に従って生きれば、険しい道のりを乗り越えることができる-ジ…

  6. 信念

    今田唯仁の11の人生哲学(前半)

    明確に定義された哲学は、選手たちに指針や境界線を示して、みんなを正しい…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 楽しく生きる「情熱」探し!6つ質問。
  2. 抽象度をあげる効果的な3つのトレーニング
  3. 人間力の向上なくして、 心体技(競技力)の向上なし
  4. 「ついていきたい!」と思われる優れたリーダーの「優れた人間力…
  5. 今田唯仁の人生における究極的関心と目標
  1. 知的能力

    抽象度をあげる効果的な3つのトレーニング
  2. 人間力

    人間力の向上なくして、 心体技(競技力)の向上なし
  3. 自己制御力

    「快楽主義タイプ」と「利他主義タイプ」から見える、トップアスリートの岐路
  4. 自己制御力

    楽しく生きる「情熱」探し!6つ質問。
  5. 人間力

    「ついていきたい!」と思われる優れたリーダーの「優れた人間力」
PAGE TOP