社会・対人関係構築力

人間力の高い愛情力と機能させる効果的な3つのサイクル

おはようございます。
今田 唯仁(いまだ ただひと)です。

先日、父に久々に電話をかける。
父親「どうしたの?」
今田「誕生日だから。おめでとうを言おうと思って」

誕生日にものを贈るのは、通例かもしれませんが、
誕生日に、ただシンプルに
電話でもいいので、肉声で「おめでとう」と
伝えるということも大切です。

ものに頼らず、
コミュニケーションを取るだけで、
人は喜びます。
コミュニケーションは、
何よりもどストレートで最大の愛情表現です。

照れますけどね。


 

人間力の中に、大切な価値観の中に、
「愛情力」というものがあります。

我が子に対して、
「あなたが大好きよ」という言葉が、
その子にとって
“いのち”の次に大切なものです。

山崎房一(心理学者)

あなたのやっていることは、誰のためでしょう?

  • 仲間のためですか?
  • 選手のためですか?
  • サポーターのためですか?
  • 家族のためですか?
  • 子どものためですか?
  • 部下のためですか?
  • お客様のためですか?

もちろん、「自分のため」
アリだと思います。
卑しいと思わず、
堂々と認めるのも重要です。

自然な誰しもがもつ思考です。

大切なのは、
さらに、人間力を高めるためということです。

愛とは「自己犠牲」
とも言います。

ほんの少し、

他人のために、力を注ぐ

そして、

全くの見返りを求めない

これが、ほんとの愛情力です。

あとで、
「これだけやったのに」
「○○なのに」
と、恩着せる言葉、よく聞きますよね。

 

 

人間力の高いひとの愛情力

人間力の高いひとの愛情力は、さらに

うまくいかなかった時に許す。

愛とは、できないことまでも認めてあげられる力とも言います。

仲間や選手、子どもの失敗を許しましょう。

よく、コーチングをしている際に、
「利害関係がある、上司と部下や親子になると、
つい、失敗を認めれないことが多々ある」と言います。

当然、要求することは、大切です。
注意すべきは、
コミュニケーションの優先順位です。

 

【コミュニケーションの優先順位】

  1. 失敗を受け入れる

  2. カイゼンを考える

  3. 要求する

順位が間違えてしまうと

  1. 失敗を認めない
  2. カイゼンが自発的に進まない
  3. 要求しても届かない

のように成りかねません。

ぜひ、優先順位に気遣ってみてください。

 

 

まとめ

● 人間力の高い「愛情力」とは、

  • 見返りを求めず、人のために注ぐ力
    要求する力
  • うまくいかなかった時に許せる力

 

● 効果的に愛情力を機能させるための3つのサイクル

  1. 失敗を受け入れる
  2. カイゼンを考える
  3. 要求する

 

愛とは、人間の能力を開花させ、
その人間の価値を大きく発揮させる、
魔術のような行為・現象である。

V・E・フランクル(精神科医・心理学者)

 

今日も大きな声でありがとう

ピックアップ記事

  1. 満足するか、練習するか?永遠か、完璧か?トップ1%の選択。
  2. 俺はプロメテウスになる!自分のあり方。
  3. 人間力の向上なくして、 心体技(競技力)の向上なし
  4. 江戸に学ぶ。人間力を最大化する知的能力に必要な3つの力
  5. 今田唯仁の人生における究極的関心と目標

関連記事

  1. 社会・対人関係構築力

    他人の価値観を正しく理解するための、大切な4つの基本姿勢

    おはようございます。今田 唯仁(いまだ ただひと)です。朝…

  2. 社会・対人関係構築力

    社会・対人関係構築力の最高レベルは、3つの分野で機能すること。

    おはようございます。今田 唯仁(いまだ ただひと)です。…

  3. 社会・対人関係構築力

    教えて、褒めて、叱る。教育の黄金比率とは?

    人間力とは、教育力と私は考えています。人間は、一人では生きられ…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 楽しく生きる「情熱」探し!6つ質問。
  2. 抽象度をあげる効果的な3つのトレーニング
  3. 人間力の向上なくして、 心体技(競技力)の向上なし
  4. 「ついていきたい!」と思われる優れたリーダーの「優れた人間力…
  5. 今田唯仁の人生における究極的関心と目標
  1. 集中力

    簡単に集中状態を作るコツ。ひとめ惚れ思考。
  2. 思考のコツ

    トップ1%の「不条理の条理」思考
  3. 自己制御力

    楽しく生きる「情熱」探し!6つ質問。
  4. トレーニング方法

    「瞑想」習慣は、なぜ、トップアスリートに“勝者の覇気”をもたらすのか?
  5. トレーニング方法

    満足するか、練習するか?永遠か、完璧か?トップ1%の選択。
PAGE TOP